愛媛の質屋 池田質舗。ブランド品や金・プラチナの高価買取、愛媛県地域No.1質屋を目指します!

コラム

金価格高騰の気配2017-08-30

8月最後の日曜日も終わり、いよいよ9月へと突入ですね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年は、案外残暑がさほど厳しくないのでは…なんて思っていますが、どうでしょうか。

さて今日は「金価格高騰の気配」というお題です。

2017年8月29日にかなり久しぶりに買取価格1グラムあたり4,800円を超えました。
買取価格を遡ってみてみますと、2015年7月6日に買取価格1グラムあたり4,800円と記録していますので、およそ2年ぶりに4,800円を突破したという事になります。
何回か前のコラムでも書きましたが、4,700円付近に見えない壁があり、4,700円を超えても長続きせず、上がったり下がったりしてきましたが、ここにきて一気に4,800円を超えるという上がり方です。

これまでの買取価格からいくと、次の見えない壁は、5,000円というラインだと思います。
逆に言うと、このまま5,000円付近まで上がってもおかしくは無いでしょう。

また、これも何度もこのコラムで言ってきましたが、5,000円付近まで上がってくると、テレビのニュース番組で「金価格が上がっています!」というように流れるようになります。
となると、必ず、悪徳買取業者が動き始めます。これには、十分注意して下さい。

あとは、ここ数年、値下がりしたままになっていたプラチナ価格が、金価格につられて上がってくるかもしれません。



どうやら9月は大きくマーケットが動きそうです。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

金インゴットの買取価格と24金買取価格2017-08-29

今日は、前置き無しで本題に入ります。
金の買取価格が高騰の気配を見せています。
そこで、ちょっと細かな話なのですが、「金インゴットの買取価格と24金買取価格」というお題でコラムを書きたいと思います。

少し前のコラムで「中古の金というものは存在しない」「貴金属は循環する」というような事を書きましたが、金は、精錬されなおされ新たな宝飾品へと生まれ変わります。
一方、金インゴットは、主に「投資目的」「資産目的」で流通しており、インゴットそのまま流通していきます。

ここに、買取価格の差が生まれる余地があります。

金インゴットは、純金ですので、もちろん24金なのですが、宝飾品としての24金とは違う価値があります。
前々回のコラムで書きましたが、インゴットには刻印がなされており、その品質が保証されているからです(ノーブランドのインゴットを除く)。

池田質舗では、限界まで高く買い取りを行う為、金インゴットと24金の買取価格を完全に分けています。
金インゴットの方が24金よりも高くなっています。

金価格が高騰し始めると、かならず悪徳業者が跋扈し始めます。
くれぐれもご注意ください。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

東京2020オリンピック競技大会記念千円銀貨幣2017-08-26

いよいよ8月も残す所あと1週間。
暑かったり雨が続いたりゲリラ豪雨で水害が出たりと、なんとも忙しい夏でした。
皆様、どのような夏だったでしょうか?

さて今日は「東京2020オリンピック競技大会記念千円銀貨幣」というお題です。
最近コラムで記念コインや記念金貨などのお題が続きましたので、ふと思い立って調べてみました、東京2020オリンピックの記念貨幣を。

すると、やはりあるんですねぇ。
東京2020オリンピック競技大会記念千円銀貨幣は、こんなお品物です。











この東京2020オリンピック記念貨幣は、日本初となる両面カラーコインということで、色鮮やかなデザインが特徴のようです。カラーの硬貨というのは、確かに目新しい印象を受けますね。

しかしですね、こちらの記念貨幣、素材が銀、となっています。
重量が31.1g。

んー、どうでしょうか。

この東京2020オリンピック記念貨幣、販売価格が9,500円という事のようなのですが、銀の価値から換算すると、およそ2000円ほどが銀としての価値、残りがデザイン料になる計算になりますので、ほとんど半分以上がデザイン料になるようです。

んー、質屋としては、お勧めするお品物では無いように思います…。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

金インゴット2017-08-25

先日、スーパーマーケットに出かけますと「秋味」ビールが並んでいました。
各社、秋シリーズのビールを出し始めますと、秋が近いんだなぁ…と季節の移り変わりを感じます。
まぁ、秋でなくてもビールは年中おいしい訳ですけれども(笑)

さて今日は「金インゴット」というお題です。
これまでにもインゴットというお題でコラムを書いていますが、まぁ最近インゴットの買取が多いこと多いこと。
なので、改めてインゴットについて書いてみたいと思います。

私ども質屋にとっては「金地金」「地金」といった言葉は普段から使う言葉なのですが、皆様にとってはそうではないと思います。
金地金、地金とはつまり「金塊」のことです。この金塊の事を「インゴット」とか「のべ棒」とか言うのが一般的ではないかと思います。

そしてこのインゴットは、一般的には、ブランド名を冠したインゴットが流通しています。
ただ、中にはノーブランドのインゴットも存在しますが。

ブランド名を冠した品質が保証されているインゴットは、このようなインゴットです。




金インゴット
重量:20g
買取価格:94,800円

こちらは、日本マテリアルのインゴットですね。
この商標で判断出来ます。



このように、インゴットにはパッと見るだけですぐにどこのブランドなのか分かるように、刻印が施されています。
例えば、三菱マテリアルならこんな刻印です。



こういった有名メーカーの刻印があるインゴットであれば、安心してインゴットを購入出来ますね。
もし、インゴットを購入することがありましたら、購入前にどこのブランドなのか確認することをお勧めします。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

ロレックス エクスプローラーU買取価格変動2017-08-24

先日、夜歩いていますと、鈴虫の鳴き声が聞こえてきました。
秋はもうすぐそこまで来ているのですね。
この暑さももうしばらくの辛抱でしょう。

さて今日は「ロレックス エクスプローラーU買取価格変動」というお題です。
この前、ロレックス デイトジャストの買取価格が下がってきているというコラムを書きましたが、価格が下がっていると正直に書くのが受けたのでしょうか、予想以上に反響が有りましたので、今回はロレックス エクスプローラーUを題材にしてみたいと思います。

ロレックス エクスプローラーUの買取価格はこのように推移しています。


2013年8月
ロレックス エクスプローラーU
型番:216570
買取価格:510,000円


2013年11月
ロレックス エクスプローラーU
型番:216570
買取価格:530,000円


2014年4月
ロレックス エクスプローラーU
型番:216570
買取価格:520,000円


2014年8月
ロレックス エクスプローラーU
型番:216570
買取価格:530,000円


2014年9月
ロレックス エクスプローラーU
型番:216570
買取価格:530,000円


2015年4月
ロレックス エクスプローラーU
型番:216570
買取価格:640,000円


2017年3月
ロレックス エクスプローラーU
型番:216570
買取価格:570,000円


2017年5月
ロレックス エクスプローラーU
型番:216570
買取価格:600,000円


2017年8月
ロレックス エクスプローラーU
型番:216570
買取価格:600,000円

残念ながら2013年よりも前の買取実績の情報が手元にありませんが、2012年12月に誕生した安倍内閣から「アベノミクス」という造語が使われ始め、現在まで続く経済成長対策が採られてきています。

この買取実績価格にアベノミクスを照らし合わせますと、安倍政権発足後、最初のうちは順調に景気対策がなされていたのだと思います。
2013年8月には、買取実績価格が510,000円ですが、その後、順調に640,000円まで買取価格が上がってきています。
アベノミクスの大きな目的は「デフレ脱却」だった訳ですから、物の値段が上がっていくのは、順調にアベノミクスの施策がうまく進んでいる証拠ではないかと思います。

ただ、その後、少しづつ値が下がってきており、これもちょうどアベノミクス停滞と言われている状況に合致するのではないかと思います。一時期は「日銀砲」などの言われる金融政策も活発に行われていましたが、ここ最近はあまり聞かれなくなってきました。


このように考えてみると、景気動向とブランド品は密接な関係がありそうですね。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

日本万国博覧会EXPO'70記念メダル2017-08-23

また暑くなってきました。
ここの所、じりじりと照りつける日差しが戻ってきましたね。
そろそろ秋が待ち遠しくなってきた今日この頃です。

さて今日は「日本万国博覧会EXPO'70記念メダル」のお話です。
最近、記念メダルや金貨のお話が続きますが、これは記念メダルや金貨の買取事例が増えてきているからなんです。

日本万国博覧会EXPO'70記念メダルとは、このようなお品物です。





メダル Pt1000 大阪EXPO70
重量:27.2g
買取価格:92,600円



この記念メダルは、1970年に行われた日本万国博覧会を記念して作られました。
このプラチナの記念メダル以外に、金メダル、銀メダルが作られています。
金は13.4gの記念メダルだったようですので、このプラチナ記念メダルはかなり大きなサイズですね。
金より大きく作ったのは、造幣局が作った初めての公式プラチナメダルだったからでしょうか。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

オメガ スピードマスター買い取り価格安定傾向2017-08-17

ニュースを見ていますと「40年ぶりに東京で15日連続の雨」ということのようでした。
ふと思い出したのですが、梅雨明け早々、東京では雨不足により取水制限が早早と始まっていたハズです。
東京にとってはまさに恵みの雨だったのではないでしょうか。
何事も塞翁が馬ですね。

さて今日は「オメガ スピードマスター買い取り価格安定傾向」というお題です。
先日、ロレックスのデイトジャストが買い取り価格下落傾向を見せていると書きましたが、今回はオメガです。




2017年8月
オメガ スピードマスター SS/SS HW
型番3572.50
買取価格 230,000円




2017年5月
オメガ スピードマスター SS/SS HW
型番3576-50
買取価格 230,000円




2015年5月
オメガ  スピードマスター SS/SS HW
型番3570-50
買取価格 210,000円

3つ目の買い取り事例だけ数年前の事例ですが、むしろ比較になると思います。
すべて手巻きモデルの買い取り事例を挙げてみました。
もちろんお品物の状態にもよりますが、買い取り価格が安定していますね。
オメガのスピードマスターは、安定した人気に支えられているという事が背景にありそうです。

もし、オメガのスピードマスターを売ろうとお考えの方は、いつ売っても良いと思います。
急ぐ必要はなさそうです。
また、オメガのスピードマスターの中古を購入しようとお考えの方は、これもいつ買っても良いと思います。
急ぐ必要はなさそうです。

逆に、先日コラムに書きましたロレックスのデイトジャストを売ろうとお考えの方は、急いだ方が良いと思います。
手元に置いておけば置くほど、値が下がってしまいかねません。
また、もしもロレックスのデイトジャストの中古を購入しようとお考えの方は、ちょっと待った方が無難だと思います。
「待っていれば、中古の販売価格は下がってくると予想されます」



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

2017年 経済に影響を及ぼすようなイベント2017-08-16

今年は「超」が付くほどの猛暑…になるのではなかったでしょうか。
台風が過ぎ去ってからというもの、なんとなく天気が悪い日が続き、その結果、猛暑はどこかに行ってしまったようです。
このまま涼しくなっていくのでしょうか?それとも、2度目の梅雨明けとなって、また猛暑が戻ってくるのでしょうか?

さて今日は「2017年 経済に影響を及ぼすようなイベント」というお題です。
お盆休みが終わり、いよいよ今年も終わりに近づいていく訳ですが、秋以降の経済に影響を及ぼすようなイベントを押さえておこうと思います。

9月:世界経済フォーラム(ダボス会議)

10月:G20財務大臣・中央銀行総裁会議

秋頃:ドイツ連邦議会選挙
秋頃:中国共産党第19回党代表大会

11月:トランプ大統領 アジア歴訪
〜年内:トランプ大統領 訪中

12月:米連邦公開市場委員会(FOMC)

1グラムあたりの金価格は、ここ数ヶ月、4,700円付近に見えない天井があるかのように、4,600円から4,700円を行ったり来たりしていますが、先ほど挙げたイベントがどのような影響を及ぼすのでしょうか。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

南アフリカクルーガーランド金貨2017-08-08

暑い日が続きますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?
先日の台風による雨で、若干、水不足が改善されたようですが…
まだまだ夏は続きますが、頑張って乗り越えましょう!

さて今日は「南アフリカクルーガーランド金貨」というお題です。
これまでこのコラムではいろんな金貨をご紹介してきましたが、まだまだあるんですねぇ。
南アフリカクルーガーランド金貨は、こんな金貨です。




南アフリカクルーガーランド1/4オンス金貨
     金性:22金
重量:8.4g
買取価格:34,000円

このクルーガーランド金貨は、南アフリカ共和国の造幣局が発行している金貨です。
表面には、トランスヴァール共和国の元大統領ポール・クリューガーの肖像が載っています。
年代としては、1980年代に流行ったようでして、その頃に購入された方が多かったようですね。

また、このような金貨を地金型金貨と言いまして、投資用に発行されている金貨となります。
ですので、希少性は無く、金そのものの価値以上にはならないと思われます。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。

ロレックス デイトジャスト買い取り価格下落傾向?2017-08-02

8月に入りましたが、まぁ暑い日が続きますね。
気象庁発表の気温は、芝生の上に設置した箱の中に入っている温度計で測定した気温ですから、実際に我々が感じている気温とは大きく違うのでしょう。
こまめな水分補給でなんとか夏を乗り切りましょう!

さて今日は「ロレックス デイトジャスト買い取り価格下落傾向?」というお題です。
ロレックスのデイトジャストと言えば、定番中の定番のモデルです。
このデイトジャストでたまたま同じ型番のモデルで買取が続いたので、まずは時間の経過とともに買取実例をお伝えしましょう。

2017年6月



ロレックス デイトジャスト SS/WG AT
型番116234
買取価格 550,000円

2017年7月



ロレックス デイトジャスト SS/WG AT
型番116234
買取価格 450,000円

2017年8月



ロレックス デイトジャスト SS/WG AT
型番116234
買取価格 460,000円

このように、かなり大きく買取価格が下がっています。
もちろん買取価格は、お品物の状態にもよりますので、一概には言えない部分もあるのですが、買取価格が下がってきているというのは、傾向としてはあると思います。



それではまた、次のコラムでお会いしましょう。


池田質舗外観

有限会社池田質舗
089-921-4489
ehime@ikeda78.com
〒790-0966
愛媛県松山市立花2丁目8-5


営業時間
月〜金 10:00 - 20:00
土 10:00 - 18:00

定休日
日曜日・祝日


上へ

ホームへ